FC2ブログ

2013年3月9日 J1第2節 FC東京戦@味の素スタジアム

基準は人によって違うものだろうから、一概に線引きをすることは出来ないが、
自分は自分のことを熱心な柏レイソルサポーターとは思っていない。
なぜなら、アウェイゲームの観戦にはほぼ行かないからだ。

例えば次の第3節は仙台とのアウェイゲームなのだが、私ははなから行く気がない。
それは遠くて時間的にも金銭的にも苦しいということもあるし、
体調面の不安からあまり遠出をしたくないというのもある。
なにはともあれ、自分がアウェイゲームの観戦に行くことはあまりないのだ。

そのため自分が行くアウェイゲーム観戦はせいぜい関東圏のチームに限られる。
味の素スタジアムをホームスタジアムとするFC東京は私がアウェイゲームの観戦に行く数少ないチームだ。



この日のメンバーは下記のメンバーであった。

【先発】
GK 21 菅野 孝憲
DF 27 キム チャンス
DF 4 鈴木 大輔
DF 3 近藤 直也
DF 5 増嶋 竜也
MF 10 レアンドロ ドミンゲス
MF 7 大谷 秀和
MF 20 茨田 陽生
MF 14 狩野 健太
FW 9 工藤 壮人
FW 11 クレオ

【サブ】
GK 1 桐畑 和繁
DF 23 渡部 博文
MF 28 栗澤 僚一
MF 30 山中 亮輔
MF 26 太田 徹郎
MF 29 谷口 博之
FW 18 田中 順也



ワグネルがケガによって欠場。そこには狩野が入った。
今期から加入した狩野に期待する声は大きかったが、残念ながら試合はその期待を裏切るものとなった。
狩野に限らず、この日は全員の動きが悪かった。
ことごとく競り負け、ことごとくセカンドボールを拾われ、ことごとく簡単なパスをミスする。
さらに運動量も低く、引き出す動きもなく、局面を打開しようとするアイディアもない。

結果の0-3はサッカーでは完敗と言っていいスコアだが、正直なところ私には0-3でほっとした部分があった。
5,6点取られていてもなんら不思議のないほどの一方的な展開だったからだ。

サポーターも悔しかったが、選手やスタッフはもっと悔しいだろう。
幸いといっていいかはわからないが、ACLがあるためすぐに次の試合がある。
試合での屈辱は試合でしか晴らせないのだ。次の試合で結果を出してもらいたい。

ただ、もしホームでこんなゲームをされたらサポーターたちは黙っていないだろう。
ブーイングや野次がとぶことになると思う。
応援するチームへのブーイングや野次は、チームが強くなるためにある程度は必要なものだろうと思う。
(もちろん差別的発言やプレイとは関係ない誹謗中傷はあってはならない、ブーイングとそれらはまったく別物だ)

いいプレイには拍手や歓声を送り、悪いプレイにはブーイングや野次を飛ばす。
それが本来あるべきのサポーターの姿だと私は思うから。



なお、最後になるが、あまりにもひどい試合内容にブログを書く気などおきなかったというのが本音だが、
勝ったときだけ書くのも卑怯な気がしたので、完敗でも書くことにした。

当然たいしたことは書いていないのだが。
スポンサーサイト

テーマ : 柏レイソル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR