FC2ブログ

2012年6月16日 J1第14節 大宮アルディージャ戦@NACK5スタジアム

W杯予選で中断していたJ1もこの日から再開。
もちろん私は日本代表のことも応援しているし、代表のサッカーを見るのも楽しいものだ。
(特に今の代表は非常にレベルが高く、質が高いサッカーをしているのでなおさらだ)
それでも、やはり応援しているクラブのサッカーを見るのは、代表戦とは比較にならない楽しさなのだ。
たった2週間とはいえ再開はやはり待ち遠しかった。

この日は大宮とのアウェイでの試合。
実は柏に住んでいる人にとっては、乗り換えが無しで電車1本でいけるので、
一番楽に行けるアウェイが大宮のNACK5スタジアムなのだ。
そういう事情もあり、悪天候にもかかわらず、多くの柏サポーターが観戦に来ていた。
ゴール裏に関しては、ホームの大宮サポーターより多かったほどだ。


さて、この日のメンバーは以下のメンバーであった。

【先発】
GK 21 菅野 孝憲
DF 4 酒井 宏樹
DF 5 増嶋 竜也
DF 3 近藤 直也
DF 22 橋本 和
MF 10 レアンドロ ドミンゲス
MF 28 栗澤 僚一
MF 7 大谷 秀和
MF 15 ジョルジ ワグネル
FW 18 田中 順也
FW 19 工藤 壮人

【リザーブ】
GK 16 稲田 康志
DF 6 那須 大亮
DF 14 クォン ハンジン
DF 27 藤田 優人
MF 20 茨田 陽生
MF 8 澤 昌克
MF 29 水野 晃樹


先発は大体予想通り。
サブにハンジンが入ったことがやや意外なくらいで、あとはほぼ予想通りであった。

試合のほうは、あっという間に先制されてしまう。
大宮の要注意人物、カルリーニョスに独走を許す。
田中がついていたんだけど、完全に振り切られてしまった。
ボールの取られ方が悪い面はあったけど、このゴールは相手をほめるしかないと思う。
嫌な形で先制された。

その後もペースは大宮。川崎戦やC大阪戦や新潟戦では形も作りシュートまで持っていけていたのだが、
この日はまったくといっていいほどシュートが打てない。ポゼッションも低い。

今日は厳しいか?

と正直思っていたところで、目を疑うような信じられないプレイが生まれた。

栗澤が前線へロングフィード、そこに走りこんだレアンドロが、
なんと、真後ろから来たボールを走りながらダイレクトでボレーシュート。
これがゴール左隅へ決まった。

正直スーパーゴールという程度の言葉で形容できるようなゴールではない。
漫画やアニメやゲームでしか生まれないようなレベルのゴールである。
このゴールを生で見れたことに感謝をしなければいけないレベルのゴールだった。

このゴールをきっかけに柏が攻勢に出る。
ワグネルのクロスが逆サイドまで流れ、酒井がシュート性のクロスの中に。
それが再びワグネルのところまで行き、右足でダイレクトでシュート。
早いボールが左右で行き来したためだろう。
ディフェンダーもキーパーも振られていた。
このシュートが決まり、前半のうちに逆転した。

さらに勢いは止まらない。
フリーキックのこぼれを田中がシュート。
それを工藤がコースを変えてこれがゴール。

前半は3-1で折り返した。

後半開始早々に、ワグネルが高い位置でボールをカット。
これを工藤にパスし、工藤がディフェンダー2人をターンとフェイントでかわして、ゴール。
これで4-1となった。

これで今日は大丈夫だ。
みんながそう思ったのではないだろうか。

しかしこのあとは一方的な大宮のペース。
幸い失点は1点ですんだものの、あと2点くらい取られてもまったくおかしくなかった。

結果は4-2で勝ったが、内容的には不満が残るものだろう。
当然監督がそこはわかっているだろうから、次の試合での修正に期待したいところだ。

これでリーグ戦4連勝。
ようやく中位にまで浮上してきた。
ここからの4試合。
鹿島、F東京、G大阪、名古屋。
ここが勝負どころだろう。

ここで勝ち点を積み上げられれば、まだ上位に進出できる可能性がある。
まずは次のホームでの鹿島戦。頑張ってもらいたい。
そのために微力にでもなれるように応援したい。
スポンサーサイト

テーマ : 柏レイソル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR