FC2ブログ

2011年12月3日 J1第34節 浦和レッズ戦@埼玉スタジアム2002

とうとうリーグ戦も最終節。
このアウェイの浦和戦。勝てば優勝という大一番だ。
引き分け以下でも可能性はあるが、名古屋とG大阪の両方が取りこぼすとは思えない。
実質勝たない限り優勝はないと思っていいだろうと思う。

開場より1時間以上早く現地に到着したのだが、かなりの柏サポーターがすでに列を作っていた。
最終的にはゴール裏とメインスタンドをあわせると、1万人近い柏サポーターがいたのではないかと思う。
もちろん埼玉スタジアムのキャパが大きいということもあるが、それでもこれだけの柏サポーターがアウェイに詰め掛けるというのは初めてじゃないかと思う。
一緒に応援をする側としては非常に頼もしかった。

さて、この日のメンバーは以下のメンバーであった。


【先発】
GK 21 菅野 孝憲
DF 4 酒井 宏樹
DF 5 増嶋 竜也
DF 3 近藤 直也
DF 22 橋本 和
MF 10 レアンドロ ドミンゲス
MF 7 大谷 秀和
MF 20 茨田 陽生
MF 15 ジョルジ ワグネル
FW 18 田中 順也
FW 19 工藤 壮人

【サブ】
GK 16 稲田 康志
DF 17 安 英学
MF 28 栗澤 僚一
MF 8 澤 昌克
MF 29 水野 晃樹
FW 11 林 陵平
FW 9 北嶋 秀朗


ボランチに栗澤ではなく、茨田を先発起用。
点を取りに行くんだ、という姿勢が明らかにわかる先発であった。

試合のほうは圧倒的な柏ペース。
ポゼッションで圧倒し、浦和にまったくチャンスを作らせない。
そしてついにCKからワグネルがゴールをこじ開ける。
さらに、逆サイドのCKから橋本がオーバーヘッドでシュート。
橋本のリーグ戦初ゴールが、この大一番で決まった。

2-0となり、前半を終了。
浦和の前半のシュートは0。
完全に押さえ込んだ。

これなら大丈夫…

と正直思っていたのだが、やはり優勝するのはそんなに簡単ではなかった。

後半、山田に代わって入った原がリズムを作る。
そして押され気味の展開のまま、柏木にヘディングを決められる。

その後もどうも落ち着きがない。
しかし、さすがはネルシーニョ、そして柏レイソルだった。

工藤に代えて、澤を投入。
これで落ち着きが出て、再びボールをキープできるようになった。

そして、CKのこぼれダマから茨田がシュート。
完全に取られたと思ったのだが、変な回転がかかっていたこともあったのか、
キーパーがキャッチミス。
願ってもない形で追加点が入った。

今シーズンのレイソルはCKからの点がなかったのだが、
最終節になって3点ともCKからの得点という形での締めくくりになった。

こうして試合は3-1で終了。自力で優勝を勝ち取った。
この瞬間、そして表彰式の印象は一生思い出に残ると思う。
浦和サポの大観衆も、表彰式の間いい雰囲気を作ってくれたことに感謝したい。
(その後、浦和の社長にたまっていたであろう怒りの矛先は向いたのだが・・・)

そして、柏に帰還。日立台でセレモニーが行われた。
その中で2人の退団が発表された。

パクと藏川である。

私のLIVETUBEの配信を見てくれた方がいるかどうかはわからないが、
私は配信時のサムネイルに藏川の画像を使っている。
単純な話、彼のファンなのだ。
6年もの間柏を支えてくれた彼に非常に感謝している。
彼の実力があれば、まだまだJリーグでできると思う。
本当にありがとう、藏川。

いうまでもなくパクにも感謝している。
中国に移籍といううわさがあるようだが、
あの高さと強さがあれば、どこでもまだまだやれるだろう。

これでクラブの歴史に優勝という大きなものが刻み込まれることになった。
いわゆるオリジナル10以外でJで優勝したのは柏と磐田だけである。

まだ天皇杯が残っている。
天皇杯を優勝すれば、Jリーグの3つのタイトルを全て制したチームということになる。
CWCへの出場権も手に入れた。
来年はACLもある。
楽しみが膨らむのは私だけではないだろう。
このチームがどうなっていくか?
それをこれからも見ていこうと思う。

最後に2つ、書こうと思う。

1つは(頭の悪い)日本のサッカー評論家、解説者たちにだ。

いわく、柏は経験がないから優勝できない
いわく、J2上がりのチームが優勝するようではだめ

まったくもって馬鹿ばっかりである。

プロとして試合をしていれば、優勝のプレッシャー程度でだめになるようなら、
そもそもこの順位にはいないだろう。

J2上がりのチームが優勝することでレベルが低いという意見については、
明らかに嘘であると断言できる。
去年ぶっちぎりで優勝をした名古屋の勝ち点と同じ勝ち点を柏は取ったのだから。
それだけ上位3チームの力が抜けていたことが、最終的な順位表からわかるだろう。
また、他のJ2上がりの2チームは降格してしまったのだ。
J1のレベルが低いわけではない、柏が強かっただけなのだ。

評論家たちが何を言うのも勝手である。
解説者たちがどんなに選手や監督たちを批判してもいいだろう。

だが、その彼らもまた批判されることがなくては筋は通らないだろう。
メディアをたてに取り、一方的に批判する立場にいる連中はプロではない。
ただのマスメディアの寄生虫である。
自分の言葉に責任をもてない人間が評論などするべきではない。
その覚悟がないならとっととやめるべきだろう。


もう1つはいつも一緒にサッカーを見てくれたさくらこさんに感謝をしたい。
ホームはもちろん、アウェイにもたびたび一緒に行ってくれたおかげで、
自分の精神的にかなり助けられました。
来年以降もよろしくお願いいたします。
自分は海外アウェイにはさすがに行けませんけどね。
スポンサーサイト

テーマ : 柏レイソル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

えー海外いかないのー?

でもホント最高の思い出になった試合でした。
こちらこそいつも電車の乗り継ぎとか調べてもらってありがたかったです。
来年もよろしく。
プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR