FC2ブログ

2011年8月28日 J1第24節 川崎フロンターレ戦@日立台

この日は川崎との試合。
アウェイで負けているだけに、なんとしても勝ってほしいところであった。
この日の柏のメンバーは以下のメンバーであった。

【先発】
GK 1 桐畑 和繁
DF 4 酒井 宏樹
DF 6 パク ドンヒョク
DF 3 近藤 直也
DF 22 橋本 和
MF 28 栗澤 僚一
MF 20 茨田 陽生
MF 10 レアンドロ ドミンゲス
MF 15 ジョルジ ワグネル
FW 19 工藤 壮人
FW 18 田中 順也

【サブ】
GK 16 稲田 康志
DF 5 増嶋 竜也
MF 7 大谷 秀和
MF 13 兵働 昭弘
MF 17 安 英学
MF 8 澤 昌克
FW 11 林 陵平

ケガから復帰した、田中順也が久しぶりにスタメン。
工藤と2トップを組むことになった。

さて試合のほうは、完全に川崎のペースだった。
いいようにやられたとまでは言わないけど、ゲームは完全に支配されていた。
ただ、前半はぎりぎりのところで踏ん張っていた。
どうにか無失点でしのぎ0-0で前半を折り返した。

ハーフタイムでの修正力は何度も言っている様にすごいものがある。
そこに期待するしかなかった。

しかし、先制は川崎だった。
ポストプレイからダイレクトで田坂のシュート。
これはとめろというのは難しいスーパーゴールだった。
さらにその直後であった。
ジュニーニョに独走を許す。
ついていた近藤に何とかしてもらいたい気持ちはあったけど、これは相手をほめるしかないと思う。
これもまたスーパーゴールだった。
修正力に期待するどころか、後半開始して10分で2点を失うことになってしまった。
先に2失点。アウェイでの川崎戦と同じ展開となった。

ここでレイソルが動く。
栗澤とワグネルに代えて、大谷と澤を投入した。
これによりゲームのモメンタムが一変する。

前の試合からいい動きを見せていた橋本が左サイドからクロス。
これを工藤があわせた。
かなり体制は崩れていたのだが、体の中心線がぶれなかった。
それによりヘディングをたたきつけることが出来てゴールにつながった。

1点返したことにより、さらに攻めにかかるレイソル。
そして相手の2本のスーパーゴールに負けず劣らずのスーパーゴールがうまれた。

茨田がハーフライン付近から絶妙のロングフィード。
抜け出した田中が絶妙のトラップから左足を振りぬいた。
パス、トラップ、シュート。
どれをとってもスーパーなビューティフルゴールだった。

アウェイでの川崎戦と同様、2点先に失点し、2人メンバーを入れ替え、そして同点に追いつくという展開であった。

だが、あの時と過程は同じだったが、結末は異なっていた。

橋本が田中へ絶妙のスルーパス。
田中が切り返して、右足でシュート。
左足を警戒していたのだろう。川崎はDFもキーパーも一瞬反応が遅れた。
これがゴールに突き刺さり、2点差をひっくり返した。

このあとは、川崎の猛攻に苦しんだが、耐えて勝利。
0-2をひっくり返すという、2,3年前からは考えられない勝負強さを見せて、逆転勝利を奪った。


この日はいくつか気になるポイントがある試合だった。

まずは何といってもやはり田中順也だ。
ケガで戦線を離脱していたが、やはり頼りになる。
個人的には、彼のよさはテクニックでもスピードでもフィジカルでもないと思っている。
もちろんそれらも優れているのだが、それ以上に感じるのは戦術理解度の高さだ。

大津と組んでも、北嶋と組んでも、この日のように工藤と組んでも、
誰と組んでも息のあったコンビネーションを見せる。
それはサッカーを理解している証拠であり、自分たちの戦術を理解している証拠である。

ネルシーニョにいつも怒られています

と、謙遜するコメントもあったが、
その戦術理解度の高さが、ほぼ毎試合スタメンで使われている理由だと思う。

もちろんポテンシャルも高い。
前述したように、あのロングパスのトラップはすごいとしか言いようがない。

次にポイントになったのは、左サイドバックの橋本だ。
この日は非常に積極的に仕掛けて、左サイドを切り裂いていた。
前節敗れたガンバ戦でも、ひとり気を吐く動きを見せていた。
あれだけの動きが常に出来れば、相手にとっては脅威だろう。
ただでさえ、酒井一人ですら相手にとっては厄介なはずだ。
それが右も左もサイドバックがあれだけのクオリティを見せたら、相手としては頭が痛いところだろう。

事実この日も酒井をケアしていたため、川崎の左サイドは守備を厚めにし、酒井にスペースを与えないようにしていた。
しかし、そうなれば当然右サイドは空く。
そこを橋本がつき、クロスやスルーパスや突破を見せたのだった。

最後のポイントはディフェンスラインについてだ。
2失点はしてしまったが、この日のディフェンスラインは今までと違う面が感じられた。
とにかくセーフティなプレイを心がけていたのだ。
近藤やパクはもちろんいい選手なんだけど、1試合に1回くらい危険なミスをすることが多かった。
前節も近藤が倒されたという不幸な面はあったけど、セーフティーにクリアをせず、
キープをしようとしたことが裏目になり失点につながってしまった。

それを反省したのか、この日はキープできそうなボールでも
相手が近くにいる場合は、前や横へ大きく蹴りだし、セーフティーなプレイを心がけていた。
特に近藤にはそういう面が顕著に感じられた。
これは見ていて非常に安心できた。
つなぐ姿勢も大事だけど、一番は失点しないことである。
こういう意識は大切にしてほしいと思った。


正直0-2になったときはもうだめかなと思ってしまったけど、選手たちの底力に感服させられた。
スタジアムもものすごく盛り上がり、非常にいい雰囲気であった。

そして試合後、桐畑がゴール裏に歩み寄り、メガトラを取り、

レッツゴー柏

を始めた。

これにより、スタジアムは最高の雰囲気になり大いに盛り上がった。
ゴール裏問題はまだ解決したとは思っていないけど、
個人的には今の感じでいいと思っている。
でもやはりこのレッツゴー柏だけは続けたほうがいいと思う。
これは選手とサポーターの距離を縮めるものだと思うから。


そしてヒーローインタビュー。
この日2得点の田中がインタビューを受けた。
その中で彼ははっきりとこういった。

「優勝に向かって1試合1試合大事になる」

選手の口からはっきり大きな目標が口にされた。
たしかに残り10試合で首位のガンバと勝ち点3差。
冷静に考えて意識しないわけがない差である。

ただ、何度も言っているが、レイソルはJ2からあがったばかりのチームである。
私はそんなチームが優勝を口にするのは・・・
という思いをずっと持っていた。

しかし、選手たちからはっきりと優勝に向かうという言葉が出た。
これはやはり自分も考えを変えなくてはいけないと思う。

さすがに、サポーターが、優勝をmustとしてレイソルに求めるのは求めすぎだと思う。
ただ、優勝をhopeとして求めるのはいいのかなと思う。
むしろ、選手たちが優勝を目指しているのに、そこを期待しないのは逆に失礼かなと思う。

残り10試合、われわれサポーターも精一杯応援していきたいと思う。
選手たちが目指す優勝へ後押しするために。
スポンサーサイト

テーマ : 柏レイソル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR