FC2ブログ

2011年6月25日 J1第18節 ヴァンフォーレ甲府戦@山梨中銀スタジアム

サッカーにおいて一番競争が厳しいポジションだと思うのがゴールキーパーである。
他のポジションは、試合中の交代が普通に行われる。
しかしゴールキーパーは違う。
試合においてゴールキーパーを交代するというのは非常時以外に行われることはまずない。
正ゴールキーパーが怪我をしてしまう。退場してしまう。
そんなことが起こらない限り、控えのゴールキーパーには出番がないのだ。

ましてや、柏レイソルの正ゴールキーパーは菅野である。
日本代表に選ばれてもまったく不思議ではない選手の控えともなれば、
他のキーパーの出場機会はよりいっそう削減されてしまう。
事実去年桐畑に出番があったのは、菅野が退場した試合と、退場に伴う出場停止だった試合だけであった。

しかし、その桐畑に出番が回ってきた。どうやら菅野が怪我だったようである。
それにより、メンバーはこのようなメンバーであった。


【先発】
【柏先発メンバー】
GK 1 桐畑 和繁
DF 25 村上 佑介
DF 5 増嶋 竜也
DF 3 近藤 直也
DF 15 ジョルジ ワグネル
MF 13 兵働 昭弘
MF 28 栗澤 僚一
MF 20 茨田 陽生
MF 10 レアンドロ ドミンゲス
FW 19 工藤 壮人
FW 18 田中 順也

【柏リザーブ】
GK 16 稲田 康志
DF 4 酒井 宏樹
DF 22 橋本 和
MF 7 大谷 秀和
MF 8 澤 昌克
FW 9 北嶋 秀朗
FW 11 林 陵平


試合のほうは甲府ペースで進む。
25分くらいまではずっと押されていた気がする。
気になっていた桐畑だが、ちょっとクロスに対しての処理に不安があった。
飛び出したのにボールに触れないケースが多かった。あれは非常に危ない。
ただ、失点をしなかったのは幸いであった。

そんな中、とんでもないスーパーゴールが生まれる。
工藤のポストプレイからパスを受けた田中が豪快なミドルシュート。
間違いなく今期ここまでのJリーグのベストゴールだろう。
テレビ観戦していたのだが、思わず声が出てしまうほどのシュートだった。

さらに2点目が生れる。
またも工藤のポストからレアンドロが左サイドにフィード。
ワグネルがクロスをあげて、中で兵働がそらしたところをまた田中順也。
シュートも簡単ではなかったが、その前のボールへの反応がすばらしかった。
事実、甲府のディフェンスは誰も反応できていなかった。

こうして、前半は2-0で折り返した。

後半、近藤の不用意なプレイから失点をしてしまう。
これは非常にもったいなかった。
これにより甲府に勢いが出ることを心配したが、そのムードをまたしてもスーパーゴールが一変させる。
ペナルティエリア付近からのフリーキックをワグネルが決めた。
ここのところ直接フリーキックのゴールがなかったが、やはりすごい精度を持っていることを再認識させられた。
あのコースに蹴ったらとめるのは事実上無理である。

さらに4点目もワグネルの直接フリーキック。
3点目よりはコースは厳しくなかったが、それでもあのコースではキーパーに取れというのは酷である。
柏のプレースキックの脅威さを十二分にアピールする4点目であった。

こうして4-1で試合終了。
去年J2で2試合とも引き分けだった甲府に対して、ホームでもアウェイでも勝利するという結果となった。

桐畑だが、前述したように、前半はちょっと危なっかしいプレイがあったが、後半は安定していた。
失点のシーンはキーパーにはどうしようもない局面だったので仕方がない。
去年は2試合に出場してどちらも引き分けだっただけに、本人にとってもうれしいだろう。自信にもなったと思う。

桐畑にも、もちろん稲田にも、菅野を脅かすくらいに頑張ってもらいたい。
そういういい意味でのチーム内の競争が生れることにより、チームは強くなっていくのだから。

あと、最後に。
かなり屈辱的な途中交代させられた村上。

頑張れ!

俺はまだ村上を信じているし応援しているぞ。
スポンサーサイト

テーマ : 柏レイソル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR