FC2ブログ

2011年5月28日 J1第13節 ヴィッセル神戸戦@日立台

前節去年のJ1王者グランパスと引き分けたレイソル。
いわく勝てた試合だったとかもったいない試合だったとか言う声が多かったようだが、そこが差なのである。
試合を映像で見る限り、確かに押してはいた。
しかし、プロの世界では結果がすべて。0-0という結果がすべてなのである。

もちろん、内容もプロセスも重要である。
良いプロセスがなければよい結果など出るわけもない。
しかし、そのプロセスが良かった、悪かったの評価は結局結果からフィードバックするしかないのである。
とにかく勝ち点という形で結果を出してもらうしかないのである。
われわれサポーターにできることは、微力でもその勝ち点を生み出すために応援することである。

この日はヴィッセルをホームに迎えてのゲームであった。
前節はアウェイだからまだ良かったが、ホームでは相手がどこであれ勝ち点3を取りにいかなくてはいけない。
好調のチーム相手で厳しい戦いになるだろうとは思ったが、そんなことは言ってられないのである。

この日の柏のメンバーは下記のメンバーであった。

【先発】
GK 21 菅野 孝憲
DF 4 酒井 宏樹
DF 5 増嶋 竜也
DF 3 近藤 直也
DF 15 ジョルジ ワグネル
MF 10 レアンドロ ドミンゲス
MF 7 大谷 秀和
MF 28 栗澤 僚一
MF 14 大津 祐樹
FW 9 北嶋 秀朗
FW 18 田中 順也

【リザーブ】
GK 1 桐畑 和繁
DF 23 藏川 洋平
DF 22 橋本 和
MF 20 茨田 陽生
MF 13 兵働 昭弘
MF 8 澤 昌克
FW 19 工藤 壮人


前節体調不良でメンバーから外れた大谷が復帰。あとはサブに藏川が入った。


試合開始からしばらくは完全に神戸のペースだった。
ただ、決定的な場面は作られなかった。
20分を過ぎたあたりから徐々にペースをつかみ出してくる。そんな中得点が生まれた。
サイドライン際に張っていた大津が中に入りポストプレイ。
レアンドロにパスし、レアンドロが田中にスルーパス。
完全に抜け出した田中が落ち着いてキーパーとの1対1を処理し先制点を取った。

そのわずか3分後。カウンターからまたも得点が生まれる。
栗澤がフリーの田中へパス。アウトにかけてサイドネットにゴールを決めた。
これは正直かなりレベルの高いシュートだった。

そのままレイソルのペースで試合は進み、2-0で前半が終了した。

後半に入ってからも完全に試合をレイソルが支配していた。
そんななか、相手のクリアミスを北嶋が拾い、中央でフリーのレアンドロへ。
落ち着いて決めて3-0。これで勝負が決まった。

最後まで守備にほころびがなく、神戸の決定機はポポと菅野が1対1になったプレイくらいであった。

好調の相手にこれだけの試合ができるのだから相当チームの状態はいいのだろう。
去年から継続していいサッカーができていると思う。これを続けていってもらいたい。

最後になるが、ひとつ残念だったのは観客数であった。
悪天候、震災の影響等があるのはわかるが、6855人という動員数はあまりにもさびしい。
仮にもJ1で首位のチームなのである。
もう少し集客には力を入れてほしいものである。

そして、このブログを読んでくれた方。是非、スタジアムに来てほしいと思う。
Jリーグのレベルは、日本人の平均が思っているよりはるかに高い。
確かにヨーロッパや南米の一流クラブと比較すればレベルは低いだろう。だが、

Jリーグなんて…

と馬鹿にするほどJリーグのレベルは低くない。
Jリーグでずば抜けて活躍する選手は、ヨーロッパのクラブにいってもしっかり主力でやれているのだから。

長友、内田、長谷部、本田、香川など日本人はもちろんのこと、
ポルトにいるフッキや、CSKAモスクワにいるドゥンビアだってJリーグにいた選手だ。

是非スタジアムに足を運んでもらいたいと思う。
きっとあなたを満足させる試合がどこでも行われるはずだから。
スポンサーサイト

テーマ : 柏レイソル
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR