FC2ブログ

柏レイソルをけん引する小さなヒーロー

シーズン前の不可解な監督交代。主力選手たちの移籍。
そしてシーズンが始まってからもわずか3試合で監督交代など、暗い話題しかなかった柏レイソル。
ブログを書く気になんて全くなれなかったというのが正直なところだ。
しかし、今日の試合も含め公式戦4連勝とようやく軌道に乗ってきた感がある。
今日はそんな柏レイソルをけん引する1人の選手を紹介しようと思う。

その選手の名前は中川寛斗。ピッチに立つと色々な面で目立つ選手である。
彼を1度見れば誰もが彼のことを忘れないであろうと思われる。そのくらい彼は目立つのだ。
何が目立つかといえば彼の身長は155cm。現在Jリーグに登録されている全選手の中で最も身長の低い選手だ。
他の選手とはだいたい20cm、近年大型化が進んでいるディフェンダーの選手たちとは30cm以上の身長差があることだってある。
だが、彼にはそんな身長差を吹き飛ばす圧倒的な運動量がある。
先日のG大阪戦での彼のパフォーマンスは圧巻だった。

http://www.jleague.jp/match/j1/2016/041501/live/#trackingdata

上記のURLがその試合のトラッキングデータだが、彼は全選手の中で最も走った距離が長く、スプリントした回数も最も多かった。
確かに得点に直接絡んだわけではなかったが、前線からボールを追いかけまわし、
ボールを引き出す動きを数多くすることによって、チームの勝利に貢献したのだ。
試合の映像を見ればわかるが、彼がかき回したことにより、G大阪の選手は試合の終盤に脚が止まってしまった。
それが結果的に勝利につながったといっていいだろう。
チームのために全力で水を運ぶ選手。それが中川選手だ。

彼のように常に全力を出す選手は好きな人が多いと思うし、私も好きなタイプの選手だ。
もちろん彼1人の力で勝っているわけではないが、彼の貢献度はかなり大きいだろう。
まだ21歳と非常に若い選手。これからがとても楽しみな選手だ。

中川寛斗選手。是非皆さんにも名前を憶えてもらいたい。そして、彼のプレーを見てもらいたいと思う。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GYM

Author:GYM
柏レイソルとか
クイズとか
天鳳とか
将棋とか
囲碁とか
スポーツ観戦とか
そんなのが好きです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウント数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR